(ある教材を実践して5日目)
無題

あなたは、無料ブログを使っていませんか?

もし、そうなら、
すぐに独自ドメインを取得して、
有料ブログを運営するべきです。

なぜなら、
無料ブログというのはSEOに弱いからです。

※SEO:自分のサイトやブログを
検索エンジンの上位に表示させるよう工夫すること

 

有料サーバーと契約すると
そのサーバーが提供するブログを無料で使えることが多いです。

私の場合、さくらサーバーと契約しているので
さくらブログを無料で使うことができます。

でも、無料ブログは使わない方がよいです。

理由は、SEOに弱いためです。

 

で、その理由を説明する前に
「そもそもドメインの意味がわかりません」
という方もおられるので、
そこから解説していきます。

まず
サーバーがネット上の土地だとするなら
ドメインは、その住所にあたります。

例えば、私のブログのURL
http://yukito2.comであれば
yukito2.comの部分がドメイン(独自ドメイン)です。

 

このドメインがあるからこそ、
ユーザーは、ネット上で、私のブログの住所を知ることができ
ブログに訪問することが可能となります。

ブログを始めた当初は
無料のさくらブログを使っていたのでURLは
http://yukito2.sakura.ne.jpであり、
ドメインは、yukito2.sakura.ne.jpでした。

このように、sakuraという単語がドメインの中に入っており、
これが、さくらサーバーが提供しているドメインである
ということを示しています。
このようなドメインのことを サブドメイン といいます。

 

さらに、アメブロの場合は、
http://ameblo.jp/yukito2です。

この場合はameblo.jpという1つのドメインを共有し
スラッシュ/での後ろの部分yukito2で
各ユーザーを識別することになります。
これを サブディレクトリ形式 と呼びます。

 

では、独自ドメイン・サブドメイン・サブディレクトリにおいて
何が違うのかというと
後ろの2つはSEOに弱いというデメリットがあります。

 

そもそも、
Googleのキーワード検索結果には
1ドメインに付き4ページまでしか表示出来ません

これが何を意味しているのか分かりますか?

 

アメブロの利用者は
2014年時点で3000万人を突破しています。

このうちアフィリエイトのブログを運営している人が
仮に1%いたと仮定します。
つまり、30万人のアフィリエイトブロガーがいると想定します。

この場合、
アフィリエイトというキーワードで
googleトップページに表示されるブログというのは
最も力のある上位4つだけで、
5位以降のブログは表示されません。

つまり、30万人を相手にして
4つの椅子を争う勝負することになります。

もちろん、この30万人の中には
トップアフィリエイターと呼ばれる
強者もいます。

では、仮にその割合を1%と仮定しましよう。

その場合でも3000人のプロを相手にすることになります。

アフィリエイトを始めたばかりのあなたが
3000人のトッププロを相手に戦うことが
いかに無謀なことかは容易に想像がつきますね。

これがアメブロのSEOに弱いと言われる理由です。
だから、検索エンジンからの集客はあまり期待できないですね。

 

また
サブドメインの場合は、
多くの人が同じ業者のドメインを共有して利用するため
徐々にSEOの効果が下がってくると言われています。

例えば、さくらブログの場合は
sakura.ne.jpというドメインを

taro .sakura.ne.jp
hanako.sakura.ne.jp
kenji.sakura.ne.jp


というように各ユーザーで共有することになります。

 

一方
独自ドメインというのは、
上記のようなSEO上の成約を受けないのが特徴です。

ブログ始めた初期のころは
独自ドメインの効果は実感しにくいですし
サブドメイン、サブディレクトリのデメリットを感じる
こともないでしょう。

現に
ブログ初めて1ヶ月目の私も
独自ドメインの効力を体感したことはありません。

 

しかし、
私の場合、3か月後には
毎日1000アクセス以上を集めるブログを目指しており
検索エンジンからのアクセスは極めて重要になります。

だから、SEOにおいて
有利な独自ドメインを取得しています。

 

独自ドメインを取得するにはお金がかかるのですが
年間でわずか1000円程度です。

例えば、私の利用している
ムームードメインなら年間680円と
かなり安いですね。

このドメインの取得方法については
こちら を参考にしてください

 

 

 

長文を最後までお読み頂きありがとうございます。

もし今回の記事が役に立ったなら、下のアイコンをクリックして頂けるとうれしいです。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ