ブログの記事数がおよそ100記事を超えると、ブログのSEOが強化されて、記事が上位表示しやすくなると言われている。

実際に私が運営しているトレンドブログでは110記事程度たまったところで、過去に書いた記事が次々に上位表示されて、1日のアクセス数が1000PVから一気に5000PVくらいまで上昇した経験がある。

ただ、それも正しいキーワード選定があってこそだ!

今回は、100記事書くまでに注意すべき点についてまとめておく。

キーワード選定に注意

まず、ブログのSEOが弱い間はターゲットを絞って記事を書いても上位表示できない場合が多い。ただし、価値のある記事を積み重ねていけばブログのSEOが徐々に強くなり、ある一定の記事数を超えたところで、過去記事が上位表示されるようになる

SEOが弱い時期は、最終的に上位表示させたい複合キーワードを決めてひたすら記事を書くしかない。

ただ、ここで注意すべきなのはトレンドブログのSEOが強くなっても大手サイトや2chまとめなどには勝てないということだ。

つまり、自分が上位表示させたいキーワードにおいて、現時点で上位表示されているサイトが大手サイトならば勝てる見込みは少ない。

例えば、大島優子+可愛い といった漠然としたキーワードではたとえSEOが強化されても上位表示は困難である。

なので、記事を書く際にはしっかりとライバルチェックして、本当にその複合ワードで上位表示できるのか調査しておく必要があるのだ。

上位サイトと内容がかぶらないように!

上位サイト、特にニュースサイトのリライトにならないように注意を払うことが重要だ。そういった記事が多いといずれペナルティやアップデートで圏外に飛ばされる確率が高まってしまう。

記事を書く前にライバルサイトをしっかりとチェックして、それらのサイトにない情報を提供したり、独自の考察や感想を入れる、もしくは上位サイトの内容をすべて網羅させるなどの対策が必要。

検索結果に同じような内容の記事が複数あるのは、グーグルの検索結果の品質を落とすことになるので、2位以下のサイトは圏外に飛ばされる危険性が高い。

特に芸能人について記事を書く場合、「前田敦子の身長は?」といったワードを選んでしまうと、答えが一つであり、しかもwikiや公式プロフィールにすでに掲載されている情報なので、上位サイトと内容がかぶってしまう。

上の事例は少し極端だが、答えが一つしかないようなテーマを扱う場合は、上位サイトにはない価値を提供するという意識を持って記事を書かないと、後々悲惨なことになるだろう。

その他(ゆきとの備忘録)

50記事を超えたあたりで、いったん上位表示が困難になった。
80記事くらいで再度上位表示に成功しているので、今は耐えて記事を書き続けるしかない。