PAK86_penwomotutetonote20140312600

あなたは、ブログ記事を書く際に
「記事のテーマも書く内容も決まっているのだけど
書き方がわからない」

という悩みを抱えていませんか?

私もブログ始めた当初は
記事の導入部分(序論)や文章の展開を決められずに
悩んでいたら、30分も時間が過ぎていた
なんて経験もあります。

では、どうすれば、効率的に
記事を書くことができるのか?

今回の記事では、
毎日の記事作成をスムーズに行うために、
記事の書き方のパターン3つを説明します。

 

3パターンで簡単に記事作成する方法

私が記事を書く際に、よく使う
パターンとしては、

・ポイント3つを説明
・最重要ポイント1点を説明
・最後まで結論を隠して説明

以上の4つですね。

 

では、順番に説明していきます。

 

<ポイント3つを説明>
これは、一番オーソドックスな方法ですね。

例えば
アクセスアップの方法を説明する際に

・ブログランキング登録
・おきてがみ設置
・コメントまわり

上記のように、アクセスアップする具体的な方法
を3つ上げて、それらに関して本論で説明する
というやり方です。

 

ちなみに、今回の記事でも
記事の書き方について、3つのポイントを
挙げて説明しています。

まあ、
具体例をいくつ上げるかは、そのテーマ次第ですので
ポイントは3つでなくてもOKです。

 

<最重要ポイント1点を説明>
これは、記事テーマについて、1つのポイントに絞って
具体的に説明していくというやり方です。

例えば、
先程の例なら

(例文)
アクセスアップの方法は
いくつもありますが、私が実践した中で特に重要だと感じたのは
コメントまわりです。
今回の記事では、コメントまわりの超実践的な方法について
説明していきます。

 

という感じで、
上記のように、序論の部分で
重要ポイントを1点に絞って説明していきます。

 

この方法のメリットは
1点に絞ることで、記事の内容が
より詳細で濃い内容になる
ことですね。

 

<最後まで結論を隠して説明>
これは、なかなか結論を言わないことで
読者の興味を最大限に引付けて
最終結論への導くやり方です。

 

例えば、
私が過去に書いた記事では

人生最大の失敗と高3男子の恥辱(「あっ、ゆきと君…」、初恋相手が)

ですね。

タイトルから 私が大失敗して恥をかいた
ということはわかりますが、
最後までどんな失敗だったのか
を隠して説明しています。

 

そして、詳細を読むボタンをクリックすると
最後まで読まずにはいられない
ように文章を書いて行きます

 

つまり、序論・本論の時点では
結末が予測できないように
文章を展開していきます。
この方法のメリットは
序論でのつかみに成功すると
最後まで記事を読んでもらえる
可能性が非常に高くなる
ということです。

反対に、デメリットとしては
記事タイトルや序論の部分では
結論がわからないので
つかみが面白くないと
詳細を読む ボタンをクリックしてもらえない
ということですね。

 

まとめ
あなたが、記事を書くのが苦手で
どうやって文章を展開していけばよいのかわからないなら、
今回説明した3つのパターン
・ポイント3つを説明
・最重要ポイント1点を説明
・最後まで結論を隠して説明

を参考にして、文章を書いてください。

この型に当てはめて説明するだけで
最短で記事を書くことができます。
もし今回の記事が役に立ったなら、
下のアイコンをクリックして頂けるとうれしいです


人気ブログランキングへ

ブログパーツ