PAK85_nobiwosuruOL1292500

「もう、クタクタに疲れました。」

実は、3日前から
人気ブログランキングのアフィリエイト部門の
1位から700位まですべてのブログをチェックしていたんです。

 

そもそも、なぜ700個ものブログを調査しようと
思ったのかというと

・一読者になることで、読者目線(訪問者目線)について知る
・ライバルを偵察し、良い点を取り入れる

この2点が目的です。

そこで
今回の記事では、私が一読者になり700個のブログをすべて
チェックして感じたこと、学んだことについて
情報共有したいと思います。

 

<調査対象>
せどり、投資、アダルト系以外のアフィリエイト関連ブログ全般

 

<調査手順>

1:
ランキング700位から1位まで順番にブログタイトルを読み
興味が湧けば、ブログ説明文も読む。
※ブログタイトルや説明文に魅力を感じなくても
すべてのブログをチェックしています。

2:
ブログタイトルをクリックしてブログへ進む

3:
ブログに訪問したら
以下の項目を順番に確認する
※途中で興味を持てなくなれば、×ボタンを押して
ランキングから次のブログへ移る

 

1:ブログタイトル


2:ブログ説明文

3:ヘッド画像
※タイトルや説明文を読んでいるときに、嫌でも目に入る

4:プロフィール画像

5:プロフィールの簡易説明
※簡易説明で興味が湧けば、詳細ボタンをクリックする

6:最新記事のタイトル


7:最新記事本文

8:無料コンテンツなど

4,5,6については、ブログのカラムにより
順番が前後します。

※カラム:ブログの縦方向への分割数のこと

 

 

<調査結果>

上記で説明した手順に基づいて
700個のブログをチェックした結果

一読者として、私が感じたことを
箇条書きでまとめていく

※ブログタイトル、最新記事などのリンクボタンを
思わずクリックしたときの自分の心情をメモしておいた


「ブログタイトルと説明文について

・収入実績があるものは、ベタなタイトルでも問答無用でクリックしてしまった
・単純に信頼できると思ったし、有益な情報があるだろうという期待感が高まった
・毎月3万稼ぐとかでも、収入実績のない自分には魅力的に感じたし、
ブログを読みたいと思ってクリックしてしまった
※開始1ヶ月で初報酬なども思わずクリックした
・商品名+実践記といったタイトルも魅力を感じたし、記事を読んでみたいと思った
・慶応生といった学歴がタイトルに入っているブログも思わずクリックした
※単純に慶応大生が書いたものだから、何か有益な情報があるのではと思った

 

「ヘッド画像」

・ヘッド画像が魅力的だと、かっこいいと思うし、
どうやって作ったのか気になる
・商材の紹介広告が張ってあるブログもあったが、
クリックして確認したいとは思わなかった
※驚くほど、みんな同じ商品を紹介していた
・ヘッド画像については、ブログタイトルや説明文を
読んでいる際に、嫌でも目に付くし、気になる

「プロフィール画像+プロフィールの簡易説明」

・簡易説明に実績が書かれていると間違いなく
詳細ボタンをクリックしてしまった
・自分と同じような境遇にいたり、経験をしていると
親近感がわいて、詳細ボタンをクリックしてしまった
・プロフィール画像に関しては、
驚くほど多くの人が、同じ無料画像作成サイトを使っていた
※画像見た瞬間にどのサイトで
使ったのかすぐにわかった

 

「最新記事のタイトルと本文」

・最新記事がどこにあるのか分からないと、探すのが手間に感じる
・稼いでいる実績があるものは、毎日記事が更新されていなくても
最新記事を読みたくなった

・毎日更新していたり、一定間隔で更新していると
何だか安心感があり、次の記事も読みたいと思った

・トップページをスクロールしない状態で
最新記事の場所がわかるとありがたいと思った
・記事に日付情報が入っていないと
いつ書かれたものなのか分からないので非常に困る
※さらに、アーカイブもないと最新記事を探せないので困る

・コメントするときに、スパム対策で画像認証を求められる
ことがあったが、非常に手間に感じるし、面倒だから
次からコメントしたくないと感じた

・記事を読んで自分に関係ないと思えば
コメントする気にはなれなかった

 

「無料コンテンツなど」

・商品のモーション広告などは、悪い意味で目についた
・みんな同じような商品を紹介している
(※アンリミ、ノマスタ、シリウスなど)
・ただし、収入実績がある人のレビューは読んでみたいと思った

 

 

<まとめ>
700個のブログを調査して感じたのは、
やはり、
「収入実績があるブログは
その金額に関わらずかなり強力だ」
ということです。

月1万とかでも、私のように収入実績がない人にとっては
魅力的だし、思わずブログタイトル
や記事タイトルをクリックしてしまったので…

さらに、ブログタイトルで収入実績を提示された段階で
「とりあえず、ブログの中身を確認して損はないよな」
「有益な情報があるかも」
「少し信用できるかも」
と考えてしまいます。

 

95%は月5000円稼げないのだから、
収入実績を提示した段階で、すでに差別化に成功しています。

 

 

そして、収入実績がない場合は、
「タイトル」が最重要だということです。

収入実績がないと
「本当にこのブログに自分の探している情報や
役立つ情報があるのかな?」
という先入観を持ってしまいます。

ただし、ブログタイトルや記事タイトルを見て
「今の自分の悩みを解決できそうな情報があるかも」
「とりあえず、読んでおいた方がいいかも」
と判断したときには、収入実績がないブログにも
訪問したし、記事も読みましたね。

つまり、私のように収入実績がないなら
「こんな悩みを持っている人のための記事を書こう」
というように、具体的にターゲットを絞って
記事タイトルをつけないと、
誰にも記事を読んでもらえないということですね。

 

では、どんな記事タイトルをつければよいのか?
気になる方は、こちら を参考にしてください。

 
以下は、おまけです。
<参考になった記事>

今回多くの方のブログを読んできた中で、
特に参考になった記事を5つ挙げておきます。
※ランキング上位(トップ20)の記事は、多くの人がすでに読んでいる
可能性高い
ので、今回は除外しています。

・知らなきゃ損!クリック率を高める○○系ワード10選

・熱意と120%の行動

・ターゲットは変更はアリか、ナシか

・他人と比較しなければ上手くいく

・ページ表示をサクサクと! Lazy Load

 

もし今回の記事が役に立ったなら、下のアイコンをクリックして頂けるとうれしいです


人気ブログランキングへ

ブログパーツ

P.S.
ついに、ブログランキングで50位以内に入ることができました。
いつも応援して頂き、本当にありがとうございます。

9-17 b

今後、さらに成長して、より有益な情報が提供できるように
精進します。