突然ですが、
あなたは、アフィリエイトのようなネットビジネスで商品を売るのと
店頭販売などのリアルビジネスで商品を売るのとでは
どちらが難しいと思いますか?

私は、ネットビジネス(アフィリエイト)で商品を売る方が
難しいと考えます。

なぜなら、アフィリエイトの場合、
一人ずつお客と対話して、商品を勧めることができないからです。
ブログに訪問してきた読者一人一人と話をして、悩みを聞いて
そして、その悩みを解決できるような、提案をしたり、
商品を紹介するのは、現実的にはかなり困難ですね。

一方で店頭販売の場合は、お客の話を聞き、表情をうかがいながら
その人の希望にマッチした商品を紹介できます

例えば、
私が大学に入学し、一人暮らししていたとき
近くの家電量販店に洗濯機を買いに行ったことがあります。

お金がないので、とにかく安いものをと考えており、
店員さんに
「一番安い冷蔵庫ありますか」
と質問すると
「はい、ございます」
「こちらの商品が当店にある冷蔵庫の中では一番安いですね」
そこで紹介されたのが、ある海外メーカーの商品でした

同じ容量で日本のメーカーのものよりも3000円も安かったので
僕は即決でその商品を買おうとしたのですが、
なぜ3000円も安いのか気になったので、
店員さんに
「なんで、この商品って日本のメーカーのものより3000円も安いんですか?」
と尋ねると
「実はですね、霜がつきやすいんです
あと動作音が日本メーカーのものよりも少し大きいのです」
と言われました

私は、どちらかというと神経質なので、
「もしかしたら寝るときに冷蔵庫の音気になるかも」
と思いちょっと不安な気持ちになりました。
すると、店員さんが、
「音が気になるようでしたら、聞き比べてみますか?」
と提案したので
「じゃあちょっと聞いてみます」

ということで、日本メーカーと海外メーカーの冷蔵庫の動作音を比べてみたところ
日本メーカーのものは、ほとんど気になるようなレベルではなかったのですが、
海外のものは
「んー、微妙だけど、ワンルームなら寝てるときに気になるかも」
と思い、
結局、3000円高い日本メーカーのものを買うことにしました

まあ、海外メーカーの冷蔵庫でも問題なかったのかもしれませんが
使い始めてから、やっぱり音がうるさくて、気になって眠れない
ということになると、再度 冷蔵庫買い買えないといけなくなるので
そんなリスクは取りたくなかったのです。

もし、店員さんに相談せずに、インターネットで、
価格だけを見て、海外メーカーの冷蔵庫を買っていたら
失敗していたかもしれません。

このように、店頭販売では、お客と対話しながら
商品を提案でき、最終的にお客に納得してもらったうえで
商品の購入を進めることができます。

一方で、アフィリエイトの場合は、
自分のブログやサイトに訪問してきた読者一人一人
と直接会って対話するのは現実的ではないです

例えば、読者にメールアドレスを登録してもらえれば、
メールのやり取りはできます
そこで信用してもらえるとスカイプでの音声対談
につなげることもできますが、読者にとって敷居が高くなります

いずれにしても、顔の見えない状況での
コミュニケーションになるので、
すぐに信頼してもらうのは難しいと言えます

もし、今回の記事が、参考になったと思った方は
下のアイコンをクリックして頂けると、うれしいです。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ