a0002_011006

さて、今回の記事では
エンタメさんとの対談内容について、
まとめていき、自分が今後何をしなければならないのか整理します。

<対談内容>

[ブログ記事について]

Q1:ブログを始めた当初、記事を書く際に気を付けていたことは?

A1:不特定多数に向けてではなく、一人を対象として書く
具体的には、アフィリエイトを始めて知ったころの自分に向けて書く
自分よりも後に始めたひとを対象に書く
1日100アクセス達成したなら、まだ0の人に向けて書く

Q2:1つの記事テーマをNo1,No2…のようにシリーズ化してもよいのか?

A2:シリーズ化して書いたとき、記事へのアクセスが落ちているなら、
いったん他のテーマに移るべき
同じテーマを何日も続けていると、訪問者は飽きる

Q3:自分よりも初心者からのコメントがないのですが、
記事が読まれていないということでしょうか?

A3:初心者をターゲットに書いているつもりでも、初心者からコメントがつかないなら
記事は真剣に読まれていないと考えるべき
本気で記事を読んでいる人は、コメントなり、相談メールなどなんらかのアクションを起こしてくれる
そういう人をまずは10人つくる
それができないと、5%には入れない

[その他]

Q1:エンタメさんが稼げてなかったときに、変わったきっかけは?

A1:プロにブログ診断を受けたことである。
そのとき、たくさんだめだしされて落ち込んだが、
「今、だめだしされて、改善すべき点を知ることができてよかった」と思った。
だめだしされた点をすべて改善したら大きく変わった。

プロに指摘されないと、自分一人では気づけないことが多い
自分が作ったブログをお客目線で客観的に判断するのは、非常に難しい
稼げている人は、それができている
稼げてない人は、独りよがりの、一方通行なブログになっている

―ここまで―

 

いかがでしたか?

私のようにアフィリエイトのブログを始めて間もない
ブロガーにとっては、
具体的なアドバイスをたくさん頂けて、かなり勉強になったと思います。

 

では、
今回の対談を通じで自分が学んだこと、新たな発見や気づきについて
順番に整理していきます。
<アクセス数UPについて>
・まずは、ライティング力を挙げるために、心を込めた記事を書き続ける
・その際、googleから人が来るような記事タイトルをつけるべき
・効果が表れるには、最低でも50記事は必要
・ただし、アクセスUPに本格的に力を入れるのは、コメントや相談メールが来てから

<ブログ記事について>
・アフィリエイトを始めて知ったころの自分に向けて書く
・小さな成果が出たら、それをまだ達成していない人に向けて書く
・コメントのつかない記事は、真剣に読まれてはいない
・記事を真剣に読み、コメントや相談メールをくれる読者をまず10人作る

<初心者の内にやるべきこと>
・信頼できる教材や先生を早い段階でみつける
・そこで、成功事例や失敗事例を学び、効率的に時間を使う
・無料情報だけで稼げるようになるには、膨大な時間がかかると覚悟すべき
・そして、教材で学んだことは、即アウトプットする
・自分のブログや記事をプロに客観的に診断してもらう

あと、最後に、私がエンタメさんに送った感想メールを こちら に
添付しておくので、興味のある方は読んでみてください。

では、

もし、今回の記事が、参考になったと思った方は
下のアイコンをクリックして頂けると、うれしいです。


人気ブログランキングへ

ブログパーツ